英製薬ワクチン“感染自体抑える可能性”

イギリスのアストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、ウイルスの感染自体を大幅に抑える可能性があるとする検証結果が公表されました。

これは2日、アストラゼネカとワクチンを共同で開発したオックスフォード大学が、イギリスの医学誌ランセットで明らかにしたものです。

それによりますと、アストラゼネカのワクチンを打ったグループは、打っていないグループに比べて感染者が67%少なかったということです。

新型コロナウイルスワクチンの発症予防効果については臨床試験で確認されていますが、感染予防効果についての具体的なデータは明らかになっていませんでした。

イギリスのBBCは、「もしワクチンがウイルスの拡散自体を防ぐのであれば、パンデミックに対してはるかに大きな意味を持つ」と伝えています。