EU、英アストラ社製を承認

欧州連合(EU)欧州委員会は29日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大が共同開発した新型コロナウイルスワクチンの条件付き販売承認を決定した。欧州医薬品庁(EMA)による同日の承認勧告を踏まえた。EUのコロナワクチン承認は3例目。

EUはアストラ社から最大4億回分のワクチンを購入する契約を結んでいる。ただ、同社は先週、大幅な供給遅延を通告。契約履行を迫るEUとの対立が深まっている。

欧州委は29日、同社との契約内容を一部公開し改めて正当性を主張。フォンデアライエン欧州委員長は承認後、ツイッターで「合意通り4億回分を供給することを期待する」と訴えた。