アストラゼネカ、英当局の新型コロナワクチン審査が迅速化

英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>は1日、自社の新型コロナウイルスのワクチン候補について、英国の衛生当局が審査を迅速化し始めたことを明らかした。

同社の広報担当者によれば、英国医薬品・医療製品規制庁(MHRA)が、研究結果を待たずに臨床データをリアルタイムで提出させる「逐次審査」を、自社製ワクチン候補で実施したことを確認したという。

一方、米通信社ブルームバーグが先月30日に報じたところによると、米製薬大手ファイザーが開発中のワクチン候補についても同様に、MHRAが審査の迅速化を始めたという。