ファイザーのワクチン緊急使用許可申請 11月下旬以降に

アメリカの製薬大手ファイザーは、開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン候補について、緊急使用許可を申請するのは11月下旬以降になるとの見通しを発表しました。

 ファイザーのCEO、アルバート・ブーラ氏は16日、公開書簡で、治験中のワクチン候補が有効かどうかを今月中に確認できるだろうとしています。そのうえで、安全性の確認には、被験者に最後に投与してから2か月間のデータが求められていて、データの収集は11月第3週に完了する見通しだということです。ブーラ氏は、データが集まればアメリカのFDA=食品医薬品局に緊急使用許可を申請するとしています。

 トランプ大統領は、11月3日の大統領選前にワクチンの供給を目指していましたが、開発競争でトップを走るファイザーのワクチンも、選挙前に許可される可能性はほぼなくなったことになります。