米政府、英アストラゼネカとコロナ抗体治療薬の開発・供給で合意

米政府は9日、新型コロナウイルス感染症の抗体治療薬の開発と最大10万回分の供給確保を巡り、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と合意したと発表した。

米厚生省は、新型コロナ感染症のワクチンと治療薬の開発加速に向けた「ワープ・スピード作戦」の下、2つの第3相臨床試験(治験)向けにアストラゼネカに4億8600億ドルを提供する。

アストラゼネカは2020年末に向けて最大10万回分の供給を計画しており、米政府はこれとは別の契約に基づき、21年に100万回分を追加で取得できるとした。