コロナワクチン開発の5社、21日に米下院委の公聴会で証言

米下院エネルギー商業委員会は9日、新型コロナウイルスのワクチンを開発中の製薬会社5社が今月21日に開く小委員会の公聴会で証言すると発表した。 5社は米企業のメルク<MRK.N>、モデルナ<MRNA.O>、ファイザー<PFE.N>、ジョンソン・エンド・ジョンソン<JNJ.N>と英アストラゼネカ<AZN.L>。 同委は公聴会について、議会と米国民が新型コロナワクチンを開発する製薬会社から直接話を聞く機会になると説明した。 米政府はワクチン確保に向け、複数の企業に多額の支援を行っている。 公聴会では、ワクチンを生産・販売する体制の準備についても各社から説明があるとみられる。