コロナワクチン開発先行の米モデルナ、政府専門家と手法巡り対立

新型コロナウイルスのワクチンを巡り、早期開発が期待されるバイオ医薬大手の米モデルナ<MRNA.O>と米政府の専門家が開発プロセスを巡って対立していることが分かった。

米政府は約5億ドルを投じてモデルナのワクチン開発を支援しており、大規模な臨床試験を開始する最初の企業の一つに選定した。

モデルナはこれまで承認済みワクチンの製造や大規模な治験を行ったことがない。ワクチン事業に詳しい関係筋3人によると、同社はプロセスを巡り政府の科学者と対立し、臨床試験実施計画書の提出を遅らせたり、治験の実施方法についての専門家のアドバイスに反対したりしているという。こうした対立もあり、同社のワクチン候補の治験開始が2週間以上遅れ、現時点で7月下旬に予定されている。

ある関係者は、モデルナがもう少し協力的なら予定通りに進んだ可能性はあると述べた。

意見の対立を受け、モデルナに十分な経験がないことや、治験における最重要段階を監督するスタッフや専門知識が不足していることへの懸念も高まっている。関係者によると、同様に新型コロナワクチンを開発する英アストラゼネカ<AZN.L>や米ジョンソン・エンド・ジョンソン<JNJ.N>などの大手製薬会社に同じような問題は見られないという。

モデルナなどのワクチン開発企業は、米国立衛生研究所(NIH)と食品医薬品局(FDA)のほか、治験方法を監督するためにNIHが任命した免疫学者やワクチン専門家と協力している。

モデルナは、自社に問題があるとの見方を否定する一方、数カ月以内にワクチンを開発するというトランプ政権の目標達成に向けた取り組みの中で専門家との「意見の相違」があったことは認めた。また同社は、大規模な治験を何度も実施した経験者を含むチームを擁していると説明した。

米厚生省はロイターに対し、政府とモデルナの協力関係は他の全ての関係機関と同様に「極めて協力的」と指摘。また、同社のワクチン候補は最も先行しており、初期試験で優れた効果を示していると評価した。