英、渡航者の隔離措置を緩和 日本など対象、米は除外

英国政府は3日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として国外からの渡航者に課していた14日間の自主隔離措置について、今月10日から日本を含む50か国以上を対象に免除すると発表した。感染拡大が加速している米国は対象国に含まれなかった。

 

欧州では新型ウイルスの流行が収束に向かっており、免除対象国の多くは欧州諸国だが、ポルトガルは含まれていない。このほか、カリブ諸国、オーストラリア、ニュージーランドも免除対象となったが、米国と中国は対象外となった。

ただし、免除されるのはイングランドに到着した渡航者のみで、スコットランドとウェールズ、北アイルランドでは引き続き全面的な自主隔離措置が講じられる。