G7サミット8月下旬開催 米検討、首相は出席意向

今年の先進7カ国首脳会議(G7サミット)の議長国を務める米国が、8月下旬から9月初旬までの間で開催する案を検討していることが分かった。安倍晋三首相は、日程が決まれば出席する意向を伝えている。複数の日本政府関係者が1日、明らかにした。米国では新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、各国の了解を得られるかどうかは見通せない。

日米関係筋は「米国が現在、各国に意向を照会しているところだ」と説明。日本政府筋は「日程調整はしている。首相は参加するだろう」と語った。今年のG7サミットは当初、6月開催を計画していた。