コロナワクチンの初期治験成功、独ビオンテックと米ファイザー

ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテック<22UAy.F>と米製薬大手ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。

ビオンテックによると、24人の健康な被験者を対象に2種類の用量の試験を実施。その結果28日後に感染者に通常見られる水準を超える抗体が確認された。

ワクチンの投与は各用量とも3週間で2回行った。投与量が高い場合、2回目の投与後4人中3人に短期間の発熱が見られた。

ビオンテックのウグル・サヒン共同創業者兼最高経営責任者(CEO)は「ワクチンが免疫活動をもたらし、強い免疫反応を引き起こすことが示された」と述べ、大規模治験に向け準備を進めていることを明らかにした。

みずほ証券のアナリスト、ダイバン・バミル氏は「さらに多くの取り組みが必要だが、これまでのところ利便性がリスクを上回っているようだ」と指摘した。

コロナワクチンを巡っては世界中で17件の治験が実施されており、ビオンテックとファイザーのほか、米モデルナ<MRNA.O>や中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK>、イノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>などが開発に取り組んでいる。