EU、「安全な」14カ国からの渡航許可へ

欧州連合(EU)は29日、7月1日より域内に渡航可能な14カ国を発表した。オーストラリアやカナダ、日本、モロッコ、韓国などが含まれている一方、アメリカ、ブラジル、中国は除外された。

新型コロナウイルスの流行に伴い、EUは3月以降、域外からの入域を制限した。加盟国はこの制限の解除に向け、非加盟国が満たすべき条件について協議していた。

現時点で「安全リスト」に入っているのは、アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、チュニジア、ウルグアイの14カ国。

一方、除外された国のうち中国については、同国政府がEUからの渡航を受け入れることに合意すれば、安全リストに追加するとしている。

また、今年1月にEUを離脱したイギリスは、年末の移行期間終了までは加盟国と同じ扱いとなっている。EU当局は6月15日以降、加盟国に対して域内の移動を解禁するよう求めている。