世界の感染者が1000万人超える アメリカ250万人超、経済活動を早期再開した州で拡大顕著に

新型コロナウイルスの世界全体の感染者が1千万人を超えた。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間の午後7時前時点で、世界の感染者は1000万1527人となった。感染者が最も多いのはアメリカで、250万人を超えており、死者は12万5000人あまりに上っている。アメリカ南部・西部を中心に経済活動を早期に再開した州で感染拡大が顕著になっていて、一日の感染者数が過去最多となる州が相次いでいる。