NZ第1四半期GDP、前期比-1.6%

ニュージーランド(NZ)統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前期比1.6%減となり、1991年第1・四半期(同2.4%減)以来の大幅マイナスを記録した。

新型コロナウイルス対策で導入された制限措置の経済活動への影響が反映された。

ロイター調査のエコノミスト予想中央値は、前期比1.0%減、前年比0.3%増だった。