米大統領、習氏に再選支援要請か

ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が近く出版予定の著書で、トランプ大統領が昨年6月に中国の習近平国家主席と首脳会談した際、今年11月の米大統領選での再選支援を要請したと暴露していることが17日、分かった。米紙ワシントン・ポストなどが著書を入手して報じた。

著書では日本に関しても触れられており、政府高官らとの貿易関連会合で日本との同盟関係が話題に上った際、トランプ氏が真珠湾攻撃を持ち出し、いら立ちをあらわにしたと記述。

政権側は機密が含まれているとして23日の出版差し止めを裁判所に申し立てている。