原油先物は下落、新型コロナ感染拡大や米原油在庫増受け

米国時間の原油先物は下落した。米中の一部地域で新型コロナウイルス感染が拡大しており、燃料需要への懸念につながったほか、米原油在庫が増加したことを受けた。

清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が0.25ドル(0.6%)安の1バレル=40.71ドル。米WTI原油先物<CLc1>が0.42ドル(1.1%)安の37.96ドル。

米エネルギー情報局(EIA)が17日発表した週間統計によると、前週の原油在庫は5億3900万バレル超となり、2週連続で過去最高を更新した。留出油在庫<USOILD=ECI>は減少した。

この日、米ニューヨーク州のクオモ知事は、新型コロナ流行の震源地だった同州で感染者・死者がともに減少を続け、感染率が国内最低の水準まで改善したと発表。一方、フロリダ州では同日、新規感染者が2600人超、アリゾナ州では1800人超に急増した。