英政府、豪・NZとのFTA締結に期待

英国政府は17日、自由貿易協定(FTA)締結に向けたオーストラリアおよびニュージーランドとの交渉開始を前に、両国との間で合意が成立すれば英国の輸出は10億ポンド拡大する可能性があるとの期待を示した。

英国は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後に両国のほか、米国、EU、日本などとFTAを締結することを最優先課題に掲げている。

トラス英国際貿易相は、声明で「オーストラリアやニュージーランドのような古くからの友好国との野心的で多岐にわたる自由貿易協定の締結は、ブレグジットの約束を果たす強力な手段となる」と述べた。

英国が両国との間で目指すFTAは似通っており、物品・サービスの貿易とクロスボーダーの投資の拡大が柱。デジタル貿易や小規模事業の輸出促進策で合意を目指す。

また、オーストラリアとの協議では技術、革新、研究・開発分野に焦点を当てる。ニュージーランドとの協議の目的としては気候変動対策における両国のコミットメントを守る必要性への言及などもある。