EU保健相、最大27億ドルのコロナワクチン事前買取案を支持

欧州連合(EU)の保健相らは12日、新型コロナウイルスワクチンの事前買い取りに24億ユーロ(27億ドル)の緊急基金を活用する欧州委員会の提案を支持することで一致した。

欧州委は11日、最大6種類のワクチンを対象に緊急基金を利用した事前購入を提案。EU各国の担当相に支持を求めた。

ステラ・キリアキデス委員(保健・食品安全担当)はビデオ会議後の会見で、欧州委の計画に圧倒的な賛同が得られたと表明した。

コロナワクチンを巡っては、米厚生省が先月、英製薬アストラゼネカ<AZN.L>に最大12億ドルの資金援助を行うと発表している。複数のワクチン買い取りという欧州の戦略は、費用が予想外に膨らむ恐れもある。

キリアキデス委員は追加資金の拠出に関して、現時点で新たな財政上の確約は必要ないと指摘。欧州委はすでに複数の製薬会社と計画を巡って協議しているが、具体的な社名の公表は控えるとした。事前買い取りの時期についても明言を避けた。