英グラクソ、リウマチ薬の新型コロナ治験を米国で開始

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は9日、新型ウイルス感染症(COVID-19)で肺炎を発症した患者に関節リウマチ薬の「オティリマブ」を投与する治験を米国で開始したと発表した。

グラクソは5月に治験実施を発表。オティリマブ投与で新型ウイルス感染で肺が受けるダメージを緩和できる可能性があるとしていた。

今後、英国、イタリア、スペインのほか、南米諸国とアフリカ諸国でも治験を実施する。