英、コロナ治験で「イブプロフェン」投与へ

英国の国立衛生研究所(NIHR)などの機関が共同で、重篤な新型コロナウイルス感染症患者が発症する呼吸不全の緩和を目指し、治験で市販のかぜ薬の成分であるイブプロフェンの特殊製剤を投与することが分かった。

NIHRのマシュー・ホトプフ氏は「イブプロフェンは安価で手に入れやすい薬剤であるため、治験が成功すれば公衆衛生上の意義は大きい」と話した。