中国は通商合意「順守の意向」

米与党・共和党幹部のグラスリー上院議員は2日、最近の米中関係には対立も見受けられるものの、中国は「第1段階」の通商合意を順守する意向という認識を示した。

グラスリー議員は記者会見で「中国が長期的に合意を破ると考える理由はどこにもない」と指摘。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表自身が中国の劉鶴副首相との会談後、そうした見方を確認してくれたとし、「心配していない」と述べた。