英、最大6人の集会可能に

英国のジョンソン首相は、6月1日からイングランドで最大6人の屋外での集会を許可すると発表した。互いに2メートルの社会的距離を保つことを条件に、自宅の庭や公園などで友人や家族に会うことが可能となる。政府が新型コロナウイルス封じ込め策の緩和の条件として設定した、国民医療制度(NHS)の対処能力確保など5つの項目が満たされたためと説明している。

市民はこの日からバーベキューをすることも可能だ。保育園と小学校の一部学年が再開するほか、屋外市場や自動車のショールームなども営業解禁となる。

ジョンソン首相は声明で「長く待ち望んでいた喜ばしい瞬間」とコメント。愛する家族や友達と会えるようになると述べる一方で、依然として感染爆発の恐れがあるため、あまり多くの世帯の人と会うことは避けるよう呼び掛けた。

英政府は4月、封鎖解除の5つの条件として◇1日当たりの死者の減少◇NHSの対処能力◇感染ペースの減速◇検査体制や防護用品の完備◇感染第2波の回避――を挙げていた。第2段階への移行はこれら条件を満たしたため実施されるものだが、政府のパトリック・バランス首席科学顧問は「再生産数は1付近にとどまっている」とし、警戒を緩めないよう訴えている。