NY市、6月8日に緩和 全米最大の感染地

米東部ニューヨーク州のクオモ知事は29日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて3月下旬から実施してきたニューヨーク市の営業規制を6月8日から段階的に緩和すると明かした。

ニューヨーク市は新型コロナで全米最大の感染地。緩和対象は業種別に4段階に分かれており、当初は建設業などに限る方針。

市統計によると、これまでに19万9千人余りが感染、疑い例も含めて2万1477人が死亡した。