トランプ大統領、中国に対する前例のない対抗措置発表

トランプ米大統領は29日、中国がスパイ活動から香港の自由の侵害に至る不正行為に及んだとして、幅広い対抗措置を発表した。米中関係はさらなる危機に陥りそうだ。

トランプ氏は中国について「他国に例を見ないほど米国から搾取してきた」と非難。中国政府は「我が国の工場に押し入り」、米国の産業を「骨抜き」にしたとし、中国への対抗策を再選に向けた選挙戦の中心に据える姿勢を示した。

ホワイトハウス中庭で会見したトランプ氏は、中国が「膨大な企業秘密を盗むスパイ活動」を行ってきたと述べ、中国企業の財務慣行から米国人投資家を保護するための措置を発表。また、中国は「太平洋で違法に領有権を主張」して、航行の自由を脅かしているとも指摘した。

さらに、中国政府が香港の自治を根本から損なう国家安全法制の導入を決めたことについても非難。米国は今後、通商その他の分野で香港の特別な地位を認めないと表明し、中国本土と同様の制限を適用する構えを示した。身柄引き渡し、貿易、渡航、関税などの分野でこれまで香港に与えていた特別待遇をはく奪する。

トランプ氏はまた、新型コロナウイルスの流行による死者が増え続ける中で、世界保健機関(WHO)から脱退する意向を発表。中国は加盟194カ国を「完全に支配」しているとの認識を示した。

この他にも、「中国出身の特定の外国人」の米入国を禁止したり、香港の自由の「抑圧」に直接・間接的にかかわった当局者に制裁を科したりする方針を表明している。