NY株、反落 米中対立激化を懸念

28日のニューヨーク株式相場は、取引終盤に米中対立激化を懸念した売りが膨らみ、反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比147.63ドル安の2万5400.64ドル(暫定値)で終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は43.37ポイント安の9368.99で引けた。