抗議拡大で非常事態宣言 黒人死亡めぐり警察署に放火

米中西部ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性が白人警官に首を圧迫された後死亡し、これに抗議するデモが州内外で広がっている。

デモ参加者の一部が暴徒化し、ワルツ州知事はミネアポリスなどに非常事態を宣言し州兵を招集したが、28日にはデモ隊が警察署に押し寄せて放火する事態に発展した。

死亡したのはジョージ・フロイドさん(46)。米メディアによると、25日、偽札使用の通報を受けた警官に容疑者として拘束される様子を目撃者が撮影した動画が拡散し、デモにつながった。

動画では路上にうつぶせになったフロイドさんが首を白人警官に膝で圧迫され、うめき声を上げながら「息ができない」と繰り返している。途中から静かになり、最後はストレッチャーに乗せられた。搬送先の病院で死亡が確認された。

地元警察は当初、フロイドさんが抵抗したと説明していたが、動画では無抵抗に見える。警官は約7分間首を圧迫したと報じられている。