米ノババックス、コロナワクチン製造増強

米バイオテクノロジー企業のノババックス<NVAX.O>は27日、新型コロナウイルスワクチン候補の製造能力増強に向け、東欧チェコにある製造施設を1億6700万ドルで買収すると発表した。

買収するのはインドのCyrus Poonawalla Groupが保有する施設。ワクチン候補「NVX─CoV2373」向けの抗原を製造する。年間製造能力はワクチン10億回分を超える見通し。

ノババックスは25日、新型ウイルスワクチン候補の初期(フェーズ1)臨床試験を開始したと発表。7月に免疫反応と安全性に関する暫定結果を発表する。