NY株急反発、一時630ドル超高

連休明け26日午前のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスの感染拡大で制限された経済活動の再開の動きを好感し、急反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の上げ幅は前週末終値比で一時630ドルを超え、3月上旬以来2カ月半ぶりに2万5000ドル台を回復した。午前10時半現在は613.65ドル高の2万5078.81ドル。

経済活動が活発化することへの期待から旅行関連株などに買いが膨らんだ。新型コロナワクチンの開発への期待もダウを押し上げた。