6月末のG7米開催、各国首脳おおむね参加に前向き

米国のトランプ政権は今年の先進7か国(G7)による主要国首脳会議(サミット)について、6月末にワシントンでの現地開催を目指している。各国首脳はおおむね参加に前向きで、実現すれば新型コロナウイルスの感染拡大後初めて、主要国首脳が同席して議論する場となる。

当初、G7サミットはテレビ会議方式で行われる予定だったが、トランプ大統領が20日、現地開催に変更する方針を表明した。会場はホワイトハウスとワシントン郊外の大統領山荘キャンプデービッドとする方向で調整している。

米国の提案に対し、フランス大統領府が「マクロン大統領は衛生面の条件が整うなら出席する用意がある。非常に重要な会議だ」との談話を発表したほか、英国とドイツも出席の意向を示している。一方、カナダのトルドー首相は20日の記者会見で「参加者の安全確保のため、米国がどのような提案をするか注視する」と留保をつけた。

トランプ氏はウイルス感染の収束をアピールするため、現地開催にこだわっている。ただ、ワシントンとその周辺には現在も外出禁止令が出ており、開催準備は困難が予想される。