NY、外出制限下賑わい戻る

・NY州、外出制限令から2か月、州の政策は大きな転換点を迎える。

・経済活動再開認められないNY市、人の動きが活発化し始めている。

・大統領の初期対応の遅さから「トランプ死の時計」が登場。

アメリカでメモリアルデー・ウィークエンド、と呼ばれる、夏の始まりを告げる連休初日の昨日5月22日。ニューヨークで実質的な外出制限令が出た3月22日からちょうど2ヶ月を迎えた。

連休の初日にふさわしく、昨日はとても良い陽気だった。通常の年なら、「感覚的には」公式に夏が始まる週末で、海開きの初日でもある。人々は海に出かけたり、公園でバーベキューを楽しんだり、離れて住む家族と一緒に楽しく過ごす、まことアメリカらしいイベントがあふれる週末になるはずである。