中国、米との緊張激化に「ひるまず」

中国全国人民代表大会(全人代=国会)の張業遂報道官は21日、中国政府が米国との緊張激化にひるむことはないが、経済面での協力と回復が最優先であるべきと述べた。

記者団に対し「中国は問題を起こすつもりはないが、問題にひるむこともない」と指摘。米国が失うものも多いとし、「米中間の協力は双方に利益をもたらすが、争えば双方に打撃となる。協力こそが正しい選択だ」と語った。