NY株反発、369ドル高 経済再開の動き好感

【ニューヨーク時事】20日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルス感染拡大で制限された経済活動を再開する動きが全米に広がったことを好感し、反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比369.04ドル高の2万4575.90ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は190.68ポイント高の9375.78で引けた。

東部コネティカット州では20日、一定の条件下でレストランや小売店などが営業を再開した。米メディアによると、新型コロナによる経済活動の制限措置を緩和した最後の州となった。経済再開の動きが全米50州に拡大したのを受け、ダウは一時442ドル高まで値を伸ばした。