NZでバーが営業再開、週休3日で観光産業支援

ニュージーランドで21日、バーやパブの営業が再開した。政府は新型コロナウイルスの感染拡大ペースが鈍化したことを受けて、経済活動の制限緩和に動いている。

同国では前週、大半の企業が業務を再開したが、アルコール飲料を提供するバーやパブは休業措置が続いていた。

アーダーン首相は、新型コロナの流行で打撃を受けた国内の観光産業を支援するため、企業に対し週休3日制度の導入を検討するよう呼び掛けている。