抗マラリア薬「服用やめる」 投薬完了と説明

【ワシントン時事】トランプ米大統領は20日、新型コロナウイルス予防のため自ら飲んでいると語っていた抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について、服用をやめる考えを明らかにした。

ホワイトハウスの会合で「投薬計画があと1~2日で完了する」と理由を説明したが、批判を考慮した可能性がある。

トランプ氏はこの薬が新型コロナ治療に効果があると繰り返し主張。しかし、深刻な副作用のリスクが指摘され、大統領として「無責任」という批判が強まっていた。マケナニー大統領報道官は20日、「医師の処方なしに誰も服用すべきではない」と注意を促していた。