カナダ、新型コロナ対策で大手企業向け融資の受付開始

カナダ政府は20日、前週に発表した新型コロナウイルスの影響を受けた大企業向けつなぎ緊急融資制度の受付を開始した。この制度に上限はないものの、いくつかの制限があると説明した。

カナダ政府は前週、新型コロナ対策の一環として、航空業界やエネルギー業界などの大手企業に対するつなぎ融資ファシリティーを創設すると発表した。対象は金融セクター以外の全業種で「カナダ国内に重要な事業または大半の労働力」を持ち、年間売上高が約3億カナダドル(2億1600万米ドル)以上で、6000万カナダドル以上の融資を必要とする企業。

トルドー首相は、定例会見でこの融資制度について「企業の救済ではない」と述べ、企業がこの厳しい時期を乗り越えることを政府が支えることが目的だと語った。

モルノー財務相は、政府が株式を取得するか、もしくは同等の現金を受け取るかを選択できるよう融資を受ける企業にワラント発行を義務付けると説明した。